性成熟期はクラミジアに感染しやすい

危険なウィルス

性成熟期とは妊娠可能な時期のことを指します。
女性の場合は10代の半ばから40歳くらいまでの間となりますが、この時期はクラミジアに非常に感染しやすい時期でもあるのです。
というのも成熟期は人生の中で一番性行為を行う時期になります。
恋愛の一貫として性行為を行う場合もありますが子供を作るために行う方もいるからです。
また性行為をするチャンスもこの時期に集中しています。

クラミジアは性行為により感染する病気ですのでこの性行為をすることが多い時期にこそ感染してしまうのです。
また中でも十代の場合は体は成熟しても性病に関する知識がないためかかるリスクはさらに高まります。
クラミジアだけではなくトリコモナスという性病も女性にとっては注意しなければならない性病です。

トリコモナスに感染してしまうとメトロニダゾールという成分が含まれたお薬でなければなりません。
女性がトリコモナスに感染してしまうと腟や子宮頸管に寄生するので、きちんとメトロニダゾールで治療し完治しなければ不妊の原因にもなるのでご注意ください。
メトロニダゾールを含んでいるお薬としてはフラジール内服錠がありますが、このトリコモナスの第一選択されているお薬となっています。
また、どの性病も同様ですが、必ず感染した際は完治するまで治療をストップさせないようにしてください。

クラミジアは今や若い女性の中で一番多い性病とも言われていますので感染には注意してください。
決して成熟期はクラミジアに弱い時期と言うわけではありません。
感染する原因が多い時期ということです。
昔はクラミジアは風俗で働いている人や通っている人がなると言われていましたが最近では一般の方から感染しやすいという報告もされています。
風俗では性病のリスクも考え予防対策や検査も徹底しているからです。
それれは感染しやすい時期をどのように乗り越えればいいのでしょうか。

性行為をしないのが一番安全ですが子供が欲しい方にとってはそういうわけにもいきません。
ですのでまず子どもを作るとき以外はコンドームをするという習慣をを身に付けましょう。
相手がそれを拒んだ時には性行為そのものを拒むしかありません。
子どもを作る目的の場合は大体相手は配偶者になりますが、結婚する前にブライダルチェックをしてもらうのがいいでしょう。
これは性病にかかっていないかどうかの検査ですがもしも感染していなければ安心し子供が作れます。

最近の投稿
サイト内検索