考えている男性と薬と病原体
診断の結果を見ている医者たち

クラミジア感染症は、性別に関わらず無症候性感染なので感染患者が気付かない性交渉を積み重ねてしまうケースが多い為に、パートナーを感染させたり、複数の相手との性交渉で感染を拡大させてしまいます。

又、クラミジア感染症の感染力は、決して強くありませんが、1回の性交渉で感染する確率が50%と非常に高い為に流行してしまいます。
加えて、クラミジア感染症は、抗生剤の服用や点滴静注などで比較的簡単に症状が沈静化する為に、治癒したと思い込み無症候感染を持続してしまい、更に感染患者を増やし流行を加速させてしまいます。
その為、日本国内の感染患者は、100万人近くいるとされています。

クラミジア感染症の症状は、稀に症状の初期段階で排尿時の痛みや尿道の不快感、膿やオリモノなどの分泌があるケースもありますが、基本的に初期の自覚症状はほとんど無く、病状を悪化させてしまうケースが大部分です。
しかし、クラミジア感染症は、男性に比べて女性の方が深刻な疾患を発症するケースが多く、子宮内膜から卵管を経て腹腔内や肝臓まで広く感染するケースが多くあり、不妊症や流産、早産などの原因となります。
特に、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎を発症すると、下腹部の痛みや性交痛などの自覚症状が発現します。

現在では、クラミジア感染症の検査キットが、通販でも手に入れる事が出来るので、特に女性は自分の身を守る為に定期的な検査をすべきです。
クラミジアを放置すると重篤な疾患を発症するだけで無く、淋病や梅毒、HIVなどの性行為感染症の感染リスクが3倍~5倍高くなり、女性は男性の2.4倍感染リスクが高いとされています。
特に女性は、早期発見、早期治療が肝要です。
現在のクラミジア感染症の治療は、抗生剤のジスロマックを1回服用するだけで良い薬剤も承認されているので、治療も非常に簡単になっています。
処方せんだけではなく、通販サイトでジスロマックを入手することもできるので、クラミジアに感染した場合はすぐに入手するようにしましょう。

記事一覧
最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索